自分を探しているブログ

なんともいえないなんでもない感情を、読む人のことなど考えず書き殴っています。インターネットの虚空に向かって放り投げる感じです。失礼します。

おじいちゃんの病気、手術するか保存的治療かみんなで揉めるみたいな

私はそういう場を経験したことないけど、

そっか、リアルにある話なんだよねって思って

 

本人の意思が確認できる場合でも確認できない場合でも、

周りの意見はまた別だよね。

生存リスク、後遺症、費用、身内の介護者の負担、

または誰かが迷信を信じてるとかもありそう

 

 

私は自分の命でも手一杯なのにって思った。

 

もし今親が危なくなって決定を迫られたら。

まだ未成年だし本当に署名する人は別な人かもしれないけどね。

真っ白になってどっちつかずになってしまいそうな気がする

 

命の可能性を他人が決めてしまえるのか

 

私は脳死判定が出たらどの臓器でもドナーに出していいってサインしてて、

今のところ自分の中では、家族ももしそうなったら

ドナーになって欲しくない理由は見つからないかなと思っている

 

違う考えを持ってる人のことも分かってみたい