自分を探しているブログ

なんともいえないなんでもない感情を、読む人のことなど考えず書き殴っています。インターネットの虚空に向かって放り投げる感じです。失礼します。

しんどかったら話聞くよってLINEグルチャに送ってみたけど本当は私が誰かに吐き出したいだけなんじゃないか

知り合いでも、推しでも、家族でもない人たちの出来事にこんなに心揺さぶられるなんて知らなかった。

有名な人だったから?報道の解像度が高くなってしまってよりリアルを感じちゃったから?

わかんないよ理由とか

 

外国の戦争とか、立て続けに葬儀2回あったとか、最近さんざん考えさせられてきた

人がいなくなるのが悲しいだけじゃない、その出来事が存在してしまったこと自体にダメージをくらうこともあったんだってわかった

 

いろんな知り合いがダメージ受けてるみたいで

日頃からうつを持ってる人も、普段は元気な人も

 

Twitterにツイート垂れ流すのやリツイートは全部やめた

いろいろみちゃったけどでもいつもより情報を見るのも控えた

 

 

 

夜中12時近く、迷ったけどLINEグループに一つだけ、

「今日に限らずメンタルきてるなって感じたら話聞くからね、文でも会話でもなんでも」って

送った

 

 

私が?

他人の悩みを受け止められるみたいなこと書いたな

本当に苦しくなったひとの頼みの綱になった時、

ちぎれずに、引き上げるか、少なくともそのまま落ちないように支えることが

私なんかにできるのか?

 

全然自分のことを考えてないことが、人を地獄に落とすかもしれないってやっと気づいた

考えすぎだって言われてきたし自分でも思っていたから気づけなかった

 

 

いらないことばかり考えすぎて悩んで、一番必要なことを考えてなかった

自分が人を助けたくなる気持ちはわかっていたけど、

自分の助け方をまずは知らなくちゃいけないじゃん

 

 

今の私は、頻繁に楽しいことを見失う。

リフレッシュがうまくできなくて、眠れなくて、

日常生活も全然うまく回っていない。

暗いってよりかは興味がなくて、体力もなくなって、

生にも死にも執着していない。つもり

(苦しいのは嫌だから便宜上少し死にたくないに寄る)

 

震災の時も葬儀の時もニュースやドキュメンタリー見ても

なーんでこの人が亡くなって私が死なないんだって

ここ数年幾度となく思う

 

いつ死んでもいいくらい後悔がないように全力で生きるってすごい人がたまにいるけど

私は真逆の理由でいつ死んでもいい

何者でもないから、何もできないから別に消えるに越したことはない

何にも自信なんかない

 

たまには思いますよ。生きてるに越したこともないなって

何かに触れて感動したり楽しかったり、ありがとうって言われて嬉しかったり

信頼できる!って思える人と出会ったりとか話したりとか

ちょっと体調がマシな時

美味しいラーメンに出会った時

 

ちょこっとだけ、一瞬だけ幸せになる時がないわけではないんだけど……。

 

何にも向いてないし頑張れなくなって、でも前に進みたくて恩師を追って興味を失わなかった舞台裏方の道に来て、

でも今のこの専門学校でも不登校再発して

もうやだって毎日思って

 

今日はとどめかと思った

政治は勉強不足で知らないことだらけだけど、他人のために大きな挑戦を続けて、頑張ってきた方なんでしょ??

勝手に想像しただけでも不思議とめっちゃ苦しい

 

学校で良い顔をするなら、ここで「生きなきゃいけないと思った」「人に危害を加えることは絶対にいけないと改めて思った」って書いて終わり

 

でもそんな簡単にえいって投げて終われない世間の現状と自分のいろんな理解不足がある

 

 

 

考えすぎて具合悪くなった節もあるけど、少しでも考えるのやめると自分は死んじゃいそう

そもそも私は人を助けたいところがあるのは分かったから、それが少しの自信を持ってできるようになるまで無理しないで考え続けたい

動ける人間になりたい

 

またしばらく生きる理由ができたかも