自分を探しているブログ

なんともいえないなんでもない感情を、読む人のことなど考えず書き殴っています。インターネットの虚空に向かって放り投げる感じです。失礼します。

私の偏った「好きな楽曲10選」

はてなブログ10周年特別お題「好きな◯◯10選

 

楽曲でいきやす。

私から音楽をとったら何も残らないやい。

全然絞れないんだけど…今日の気分で同率1位の曲たち。

敬称略

 

 

Beginning, End and Beginning / BiSH

最近は音楽を聴こうと思った時一番最初に選んじゃう曲。

表打ちの中毒性のあるビート。人生一瞬だけど続いていく歴史のなかで超戦って超楽しんでいこうぜという叫ぶような歌詞。

1000年後もきっと会おうぜ。

 

Just be myself!! / 如月千早(CV.今井麻美

アイドルマスターの中でも一番長く歴史を紡いできたメンバーの1人である千早さんのソロ曲。

聴いたりカラオケで歌ったりするといろいろ日常でごちゃごちゃ交錯した感情がリセットされる。今までの自分を否定しないで、今からなりたい自分になりにいくんだよと宣言してくれてスッキリする。

 

Week End / 星野源

ベースの三つ目の音が普通じゃなくて好きなんよ。

なんてあったかい曲なんだろう、と。生きていくことを「踊る」と表現した源さんに大拍手です。

楽しくなっちゃうよね。(全部)

 

ロールプレイング / オーイシマサヨシ

また人生シリーズです。

自らを遅咲きだとどっかで言ってたオーイシさんの、人生の経験を重ねたからこその強さと優しさが楽曲にある。

この曲は特にあったかい。(あったかいの好き)

 

stereo future / BiSH

 YouTubeにライブの映像があって、それを見てBiSH沼にハマりました。

ライブ1曲目にして、広ーい幕張メッセの中をサビで前方のステージから会場の真ん中のステージまで全力で走っていくんですね。

それで「抜け出そう走り続けなくちゃ 何も変わらなくたって愛を証明しよう」はカッコ良すぎるって

 

未体験HORIZON / Aqours

ラブライブ!シリーズの2チーム目にして大躍進を続けるAqoursの4thシングルの曲。

初めてラブライブの各チームが合同でライブをしたラブライブ!フェスの一曲目を飾ったことが強く記憶に残っています。

歌が得意で元々前に出るような感じではなかったところから成長を見せてきた花丸ちゃんという子がセンター。

まだまだ夢を追い続けることを約束するような、止まらないAqoursを体現した曲。背中を押してくれるやつやね

 

ラブソング / テレサワーグナー(CV.石見舞菜香)、(「仮歌Ⅱ」でカバー)オーイシマサヨシ

石見舞菜香さんの優しくて頑張りやな女の子の表現があまりにも好きなんだと思います。ライスシャワーの「ささやかな祈り」とかも涙が出るほどいい曲です。アニメ「多田くんは恋をしない」エンディングテーマです。

やさしい。あったかい。じんわり心を包んでくれる愛な曲。

原キーで歌っちゃうオーイシさんverもたまらなく好きで鬼リピして浄化されてます。

 

ホントウノワタシ / 田中琴葉(CV.種田梨沙

琴葉は真面目でめちゃめちゃ頑張り屋ですごい人だから、自分なんかと重ねるとおこがましいと思います。

でも、そうやってすごい人いい人できる人って思われてしまうことにそうじゃないって、その上頼られっぱなしでうまく自分から頼れなくて悩んで寂しさを覚えてしまうようなことが歌われていて。そういう部分がめちゃめちゃ自分にもあって、他人事には全く思えないんです。

こんな人間を描いてくれてバンナムありがとうって感じです。琴葉、目標だし力になりたいって思ってしまう。

 

透明人間 / 東京事変

5人のそれぞれのパートが全部明るくて良さが噛み合って多分認識できてない凄さがあります。いや他の曲も語りきれないというか語彙がないし感覚が鈍いのは変わらないんですけど、多分この曲なんかは特に知らないうちに脳のどこかにいい感じの効果をもたらしてると思う。

お子さんに向けて作られた音と歌詞なんだそうで。自分人生まだまだ序盤だと思うと立ち止まりながらも頑張りたいなーと思ってしまう魔法があります。絶対。

 

海の男達の歌 / ロバート・W・スミス

吹奏楽曲です。もちろん歌詞はないです。吹奏楽の海をイメージしたんだろうなって曲が結構好きで、「マゼランの未知なる大陸への挑戦」とか「Sea of Wisdom」とか忘れられない曲たくさんあるけどずば抜けて好きです。何がはまったのかはよくわかってないけど。

海を感じさせる、大波のような全パートのユニゾンとか、逆に静かなユーフォニウムのソロが中間にあったり、壮大で面白い…ような感じ?

弱小吹奏楽部でチューバという低音の楽器を1人でやっていた頃、温度差とか自分の不器用さで寂しかったなあ…この曲やりたかったな

 

 

語彙もないし、知らない魅力がまだまだたくさんあるだろうし、何よりこの10曲に並ぶ好き!っていう他の曲もたくさんあるもんでなんか忍びないような感じもしますが、いい機会でした。好きなもの、意外と何が好きなのか言語化できない。

充電がなくなるまで頑張って書きました。

機会をありがとう!はてなブログ。おめでとうはてなブログ